2006年11月04日

『DEATH NOTE the Last name』(2006年)

061103-1.jpg

◇監督:金子修介
◇出演:藤原竜也、松山ケンイチ、他

本作は、『DEATH NOTE』前編に引き続く後編。
原作とは違う展開になるらしいとのことで、どうなるのかわくわくしながら鑑賞。
思いっきりネタバレになるので、ストーリーの話ができないのが残念。
最後、こうきたかっ!って感じです。
くすっと笑える場面あり、ホロリと涙ぐみそうになる場面あり。
出演者の演技も前編に比べ、磨きがかかっていて最後まで飽きずにドキドキハラハラしながら見ることができました。
はま。的には、ジェラスと、Lのラストシーンの手のぷるぷるが一番印象に残っています。

お面や漆黒の無のシーンなど、原作のキーポイントもしっかり出てきつつ、お菓子の小ネタは映画独自にちょっとひねってこだわっていたり、細部にまでこだわって作りこんである作品でした。


posted by はま。 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。