2006年11月22日

『ただ、君を愛してる』(2006年)

061122-4.jpg

◇監督:新城毅彦
◇出演:玉木宏、宮崎あおい、他

誰でも恋をすると、相手に振り向いてもらおうとおしゃれをしたりして背伸びするけれど、静流と誠人の恋の結末はとてもせつなすぎて涙が止まらなかった。
そばにいる時は空気のような存在、いなくなって初めて大切だったんだと気づく。
作中に出てくる写真もとっても素敵で(本人たちが撮った)、最後の方では写真に泣かせられた感があります。

初恋のせつなさと甘酸っぱさがいっぱい詰まったお話で、もう一度あんな純粋な気持ちを持った頃に戻って、恋がしてみたいな。
今、生きているこの一瞬一瞬を大切にしていくことの難しさと重要さを思い出させてくれた作品でした。

posted by はま。 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28062800
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。