2005年09月27日

『愛しのローズマリー』(2002年)

060811-46.jpg

◇監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
◇出演:グウィネス・パルトロウ、ジャック・ブラック、他

女性を外見だけで判断していた男性が、ある日催眠術をかけられて、外見が美しくても心が汚かったら醜く、心が美しかったら美しく見えるという風に、価値観が変わってしまうというお話。
コメディタッチでなかなかおもしろいのに、見終わった後ちょっと考えさせられる。外見だけでなく、心も磨かなくちゃと思った。特に、外見がブサイクだから…と自信を持てない人に見て欲しい作品。
posted by はま。 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。