2005年09月27日

『海辺の家』(2002年)

060810-28.jpg

◇監督:アーウィン・ウィンクラー
◇出演:ケビン・クライン、ヘイデン・クリステンセン、他

え?年齢設定16歳はちょっと厳しいんじゃ?と思ってしまったヘイデン・クリステンセン。
スターウォーズの印象が強すぎてどうかなぁ?と思っていたけれど、思春期の複雑な感情をきちんと演じていて、普通の若者っぷりが良かった。(そのために髪を黒く染めたらしいし)
作品自体は、どちらかというと若者よりも中年くらいの人が見たほうが共感できるかもしれない。結婚、子育て等々、いろんなことを経験した後に見ると、違った印象に感じて、しみじみ良い作品だぁと感じるんだろうなぁと。私が見るには、まだ年齢が若すぎたかな。10年、20年経った頃、また見たいなぁ。
posted by はま。 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7379190
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。