2005年09月27日

『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002年)

060810-30.jpg

◇監督:マーティン・スコセッシ
◇出演:レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、他

マーティン・スコセッシ監督の人柄が好きで、見てみました。
血で血を争うというか、ニューヨークの混沌とした過去を描いた作品。
移民とかそういう複雑なバックボーンがある国、アメリカ。
正直なところ、人種のるつぼアメリカに住んだことがない私たち日本人には、本当の意味でこの作品のメッセージを理解することはできないんじゃないかと思う。そんな風に感じた作品でした。
ジョニー役は、『E.T.』の主人公エリオット役。
そして、こっそりちょっぴり出ているスコセッシ監督も探してみてね!
posted by はま。 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7379424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。