2005年09月27日

『マスター・アンド・コマンダー』(2004年)

060810-16.jpg

◇監督:ピーター・ウィアー
◇出演:ラッセル・クロウ、他

ナポレオンvsイギリス戦が行われている時代のお話。
ガラパゴス諸島での撮影や、アカデミー賞10部門ノミネートなど、公開前から話題が出ていた作品。
スケールの大きさも話題にはなっていたけれど、見終わった後はそうでもなかったかな。
ダイナミックな映像を期待する人にはちょっと期待はずれかもしれないけれど、大掛かりな撮影とは裏腹に、ちゃんと人物の苦悩とか細かい精神的な部分が描かれていて、実に渋くていい感じにまとまっていると思う。
ブレイクニー役のマックス・パーキスやカラミー役のマックス・ベニッツなどなど、これから伸びそうな俳優がたくさん出ているので、出演者の今後の活躍が楽しみ!
ちなみに、『ロード・オブ・ザ・リング』でピピン役を演じたビリー・ボイドも出演しているので、ぜひチェックしてみてね。
posted by はま。 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7379865
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。