2005年09月27日

『2046』(2004年)

060811-4.jpg

◇監督:ウォン・カーウァイ
◇出演:トニー・レオン、他

完成まで5年を要した作品としても、木村拓哉が出演した作品としても話題の映画。
ウォン・カーウァイ作品はいくつか見ているんだけど、映像はかっこいいけど、ストーリーのつながりがちょっとわかりづらい…って印象ばかりだったので、今回はどうなんだろう?と、不安を抱えつつも、『近未来。ミステリートレインが動き出し、人々は失われた愛を求めて「2046」へ向かう…。』 そんなCMを見て、近未来の話ならウォン・カーウァイの映像と合っていいかもと思って見に行きました。
ミステリートレインの中の話が中心かと思っていると、正直肩透かしにあうストーリー。でも、今までのウォン・カーウァイ作品の中では、一番話のつながりがきちんとできていて、わかりやすいかな。
近未来の部分の映像の作り方は、やっぱりウォン・カーウァイ。すごくかっこいい!!今後、ぜひとも近未来作品を撮って欲しいなぁと思わずにはいられないです。
posted by はま。 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7380007
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。