2005年09月27日

『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000年)

060811-32.jpg

◇監督:ミミ・レダー
◇出演:ハーレー・ジョエル・オスメント、ケビン・スペイシー、他

優しさ、思いやりって何だろうって考えさせられる作品。
とにかく、ジョエル・オスメントの演技が秀逸!子どもとは思えないです。
ただ、私としては話の結末が残念・・・。話の結末は、見る人によって、あれで良かった人もいるだろうし、残念と思う人もいるだろうなぁ。
何はともあれ、心に何か大切なものを残してくれる作品であることは間違いない。
posted by はま。 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。