2005年09月27日

『千と千尋の神隠し』(2001年)

060811-41.jpg

◇監督:宮崎駿
◇出演(声):柊瑠美、夏木マリ、他
◇アニメ

でてくるキャラクターのかわいさが秀逸な作品。さすが宮崎駿という感じです。ススワタリや坊ネズミなどなど、細かいところに笑いが隠されてます。お見逃しなく!
自分の居場所、大切なもの、自分らしさなどなど、生きている間に見失いがちなものを思い出すきっかけになるんじゃないかと思う。人間、一人でも生きていけるような気がするけれど、誰かの支えなしでは生きていけない。支えて、支えられて、みんなで生きているんだなぁと、私は思い出した。そして、自分の居場所は必ずどこかにあるんだってことも。他人と自分を比べたら、他の人に劣っているところはたくさんあるけれど、でも、できないことを嘆くのではなく、自分にできることを精一杯やっていけばいいんだ。そうしていれば、自分の居場所も自然と見つかるんじゃないかと思った。
『もののけ姫』は重い作品だったけれど、『千〜』は、さらっと笑って純粋に楽しめる作品。気負わずに楽しめるので、細かい笑いに注意しつつ純粋に楽しんで欲しいな。
posted by はま。 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7382059
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。