2005年09月27日

『ピンポン』(2002年)

060810-41.jpg

◇監督:曽利文彦
◇出演:窪塚洋介、ARATA、他
◇原作:松本大洋

テンポのいい脚本は、さすが宮藤官九郎。配役も個性的な俳優ばかりで、その個性のぶつかり合いがなかなかおもしろい。音楽もオリジナルグッズも何もかもがかっこいい!
内容的には、青春色が濃いかと思っていたらところがどっこい結構ヘビーな内容。
見る人それぞれに感じるところは違うと思うけれども、私が感じたのは、才能があるのに努力しなければ宝の持ち腐れのまま。才能があっても努力しないといけないってことかな。
それから、「好きこそものの上手なれ」と「初心忘れるべからず」。才能があるなしに関わらず、自分の好きなことを楽しんで生きるのが一番ってこと。苦しかったり、つらかったり、楽しむことを忘れちゃいけないんだなあって思った。私にもペコみたいに、これで一番目指すんだ!ってものが欲しいな。
posted by はま。 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7382228
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。