2005年09月27日

『ホテル ビーナス』(2004年)

060810-45.jpg

◇監督:タカハタ秀太
◇出演:草なぎ剛、他

全編韓国語の日本映画という珍しい作品。
モノクロの中の淡い青の使い方&後半の色の使い方が秀逸で印象的。
色と音の使い方がとにかくいい!
クラシックな雰囲気が漂いつつ、せつなさとか悲しさとか弱さとかが色と音を通して、画面からにじみでてくるようなそんな映画に仕上がってます。
ラストの香取君は「?」って思ってしまったけれど、何か重いものを背負っている人に特に見て欲しい作品。
今は飛べなくても、いつか今の状況から飛びたてるって思えると思う。
posted by はま。 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。