2005年09月27日

『クイール』(2004年)

060810-7.jpg

◇監督:崔洋一
◇出演:小林薫、椎名桔平、ラフィー、他

実在した盲導犬、クイールの生涯を描いた作品。
クイールの成犬を演じたラフィーの表情やしぐさが特にいい。
本人(犬)が狙って演技してないだけに、その自然な姿に笑いと涙を誘われます。
介助犬法が制定されたとはいえ、なかなか盲導犬や聴導犬、介助犬について、理解が得られない現状があるけれど、この作品を見ることによって、少しでも多くの人が、盲導犬の役割や関わっている人たちの苦悩を感じてもらえればいいなぁと思う。
とてもわかりやすくて楽しめるので、盲導犬や介助犬について考えるきっかけとして、入門編的な作品になってくれればいいな。
posted by はま。 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7384122
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。