2005年09月27日

『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)

060811-11.jpg

◇監督:ティム・バートン
◇出演:ジョニー・デップ、他

原作は読んでいないので、原作の雰囲気はわからないけれど、賛否両論わかれる作品だと思う。ブラックユーモアが大好きな人には大ウケ。(隣の席の方は、最初から最後まで大声で笑っていたので)はま。的には、ブラックユーモアがきつすぎてイマイチでした。
でも、チョコレートの滝やチャーリーの家、工場内部などなど、丁寧に細かく作りこんであって、セットや衣装などなど、お話の世界に浸る見せ方&楽しませ方はさすがティム・バートン!
本当に大切なモノ、子供ならではの視点を改めて見つめ直す良いきっかけになると思うので、ぜひとも子育て中の親に見てもらいたい作品でした。
posted by はま。 at 17:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャーリーとチョコレート工場を映画館で見ました。チャーリーが良い子過ぎて泣けました。最後は感動しました。映画は夢があって良いですよね〜。映画は好きで月に1回ぐらいは見に行きます。
Posted by るる at 2006年01月13日 10:56
はじめまして。
チャーリーとチョコレート工場見ました。ジョニー・デップのイメージと違った役をやってましたよね〜。でも良い役だと思いました。また、チャーリーが良い子すぎて泣けました。
これから毎日更新しま〜す。
Posted by 瑠美 at 2006年01月13日 11:05
るるさんへ
こんばんは。お返事遅れてごめんなさい。
そうですね〜、映画は夢があって、私も好きです^^
月1回ペースで映画とはうらやましい〜。
(二人目出産してからは、まったく映画館に行けてないので。泣。)
最新作の感想とか教えてくださいね^^

瑠美さんへ
はじめまして、こんばんは。
ジョニーじゃなければできない役でしたね〜^^
作品ごとに違った雰囲気に化けてしまうジョニーにいつも驚かされます。
次回はどんな役やるのか楽しみです♪
Posted by はま。 at 2006年02月23日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7384464
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。