2005年09月27日

『コール』(2003年)

◇監督:ルイス・マンドーキ
◇出演:シャーリズ・セロン、ケビン・ベーコン、他

別々の場所へ隔離された家族と誘拐犯との攻防を描いた作品。
どうやって誘拐されている現状から抜け出すのか、ハラハラドキドキ。
でも、途中で本当の誘拐の目的がわかったあたりから
なんとなく誘拐犯側に感情移入してしまったので、
誘拐の目的が目的だけに、あの終わり方は誘拐犯がかわいそうに思えてしかたなかった。
posted by はま。 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブルース・オールマイティ』(2003年)

◇監督:トム・シャドヤック
◇出演:ジム・キャリー、モーガン・フリーマン、他

ジム・キャリー主演作らしい雰囲気の作品。
笑いあり、ホロリと涙する場面ありでした。
ジム・キャリーの今までの作品が好きな人には、はまる作品だと思うけど、
ここ数作の出演作と同じような感じなので、ちょっと飽きちゃう人もいるかもって印象かな。
posted by はま。 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ファインディング・ニモ』(2003年)

060810-14.jpg

◇監督:アンドリュー・スタントン
◇出演(声):アルバート・ブルックス、エレン・デジュネレス、他
◇アニメ

海の物語だから、夏に公開したほうが見に来る人は多そうなのになぁと思いつつ、劇場公開より一足早く観て来ました。
ダイバーにさらわれた子供を助けに行くパパの冒険物語。
ハラハラドキドキ、笑いあり涙ありで、大人でもなかなか楽しめたよ。
魚の表面の感じとか、水の質感とかすごく良く出来ていて、リアルな質感がありつつ、ちゃんとアニメなかわいさもあって、さすがPIXARって感じだよ。
(最後のスタッフロールにもオチついてるし。)
posted by はま。 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『英雄 HERO』(2003年)

060811-8.jpg

◇監督:チャン・イーモウ
◇出演:ジェット・リー、トニー・レオン、他

予備知識なしで、友人が綺麗だったよーというので観にいってみました。
最近洋画ばっかり見ていたので、久々の中国映画は静かに話が進んでいくので、最初の頃はちょっと退屈してたんだけど、途中から予期せぬ方向に話が進んで、ストーリーに引き込まれてしまいました。
爆発したりするわけじゃないから、びっくりドキドキするような大掛かりな仕掛けはないけど、悠久の地というか、静かだけどダイナミックな画面構成で、洋画とは違う意味でスケール大。色使いもすごく綺麗で、ややこしいストーリを、色を使って上手にまとめあげたなという印象。(衣装は日本人デザイナーが担当してるらしい。)
大人の映画って感じなので、子供は連れて行かないほうがいいと思われます…。(ちなみになぜか隣に小学生軍団が座ってて、いいとこで大騒ぎしてた…。)
posted by はま。 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハルク』(2003年)

060811-9.jpg

◇監督:アン・リー
◇出演:エリック・バナ、ジェニファー・コネリー、他

『ブラックホーク・ダウン』に出ていたエリック・バナ主演ということで観てみました。
最近マーベリック作品の映画化が増えてるけれど、この作品もマーベリック作品のひとつ。(緑の巨人って聞くとつい某缶詰のグリーンジャイアントを思い浮かべてしまうのは私だけ?)
グリーンジャイアントはおいといて、ハルクは生まれながらに悲しい宿命を背負ってしまってるのよねぇ。遺伝子に関わる科学者なら一度は人体実験してみたいって思うんだろうけれど、人間が神とか自然を超えられるわけはなく、遺伝子組換したら絶対人間の力では制御しきれないものが生まれちゃうのはちょっと考えればわかりそうなもんなんだけど…。
私はそれが怖くて、バイオは途中で勉強するのやめたけど、ずっと研究を続けていたら、私でも人間で試したいって魔力にとらわれちゃうんだろうなぁきっと。自分で試す分にはまだいいけど、それを何も知らない息子にってのは最悪だよね…。でもこれからの未来、同じようなことを考えて人体実験を始める人がでてくる可能性はあると思うし、最強の兵士を作るってことで遺伝子改造ってのはありうる話だよなぁと思うと、非常に現実的で怖くもある…。
posted by はま。 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ムーンライト・マイル』(2003年)

060810-24.jpg

◇監督:ブラッド・シルバーリング
◇出演:ジェイク・ギレンホール、ダスティン・ホフマン、スーザン・サランドン、他

結婚式直前に婚約者に死なれた主人公が、婚約者の家族と過ごす…。でも、主人公には、婚約者の両親に打ち明けられない嘘があって…というお話。
オチは想像通りだし、とっても地味なんだけど、じわ〜っと泣ける映画。
ダスティン・ホフマンとスーザン・サランドン、この二人の名優に加えて、主人公を演じたジェイク・ギレンホールとバーティ役のエレン・ポンペオもいい感じ。
親とケンカした時とか自分を見失った時に、見て欲しい作品。
posted by はま。 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『8 Mile』(2003年)

060811-1.jpg

◇監督:カーティス・ハンソン
◇出演:エミネム、キム・ベイシンガー、他

音楽界の問題児エミネムが映画に出演!?予告編で見て、ちょっと気になったので見てみました。
人種差別とか貧困とか暗い要素が混沌と渦巻くアメリカ社会だからこそ、ラップが育ったんだろうなぁなんて思ってしまった。差別だったり、貧困だったり、自分の周りの状況がつらいもので、普通に愚痴をこぼしたら、現実に飲み込まれてしまうけれども、その言葉をリズムにのせて、ラップという武器に変える。そうすることで、ハングリー精神というか 強くたくましく生きていくことができるんじゃなかろうか?と勝手に考えてしまった。
今の日本だと、ぬるま湯につかっているような人生を送っている人が大半で、自分で人生を切り開いていこうと考えている人って少ない気がする。
いくら夢を描いても、自分から動き出さなきゃ何も変わらないんだよねぇと
映画を見て、改めて実感したものの、自分には動き出す勇気がなかったりする今日この頃…。なんだか深く自分のありかたを考えさせられた作品でした。
posted by はま。 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『青の炎』(2003年)

060811-5.jpg

◇監督:蜷川幸雄
◇出演:二宮和也、松浦亜弥、他

原作(貴志祐介)がおもしろかった&蜷川さんの監督ということで見てみました。原作よりも青春色が強く出てたけど、原作のイメージを壊さず楽しめるんじゃないかな?(ミステリーファンにはちょっと物足りないかも)
小道具とか部屋のインテリア、光の使い方とか蜷川さんのこだわりが感じられて、全体として、綺麗な雰囲気の作品でした。
でも、1800円で見るのはちょっと高い気がするので、前売り券を買うか、レディースデーやメンズデーなどなど割引の日に見ることをおすすめします。
posted by はま。 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『13階段』(2003年)

060811-24.jpg

◇監督:長澤雅彦
◇出演:反町隆史、山崎努、他

前半は結構飽きずに観てたんだけど、後半〜ラストの展開がベタすぎて、う〜んって感じ。取り上げてるテーマが重いだけに、ラストが明るすぎるのが気になった…。
ついでに、主人公は反町じゃないほうがよかったかも。
眼鏡かけて、いつもの雰囲気とは違うんだけど、後半、主人公の背景が見えてくるにつれて、やっぱりちょっとワイルドな色黒が気になって…。ついでに、内容がシリアスなだけに、興行成績アップのための配役?って思ってしまった。
それはそうと、宮迫さん。なかなか演技力もついてきて、今後が楽しみ。でも、ほとちゃんも大切にしてあげてね〜。
posted by はま。 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『呪怨』(2003年)

060811-25.jpg

◇監督:清水崇
◇出演:奥菜恵、他

怖い。とにかく怖い。そこ開けちゃだめ…とか絶対ここで目がくる…とかわかるんだけど、わかってても怖い。『エクソシスト』と『リング』を足した感じ。しかも、殺人現場の呪怨だから、余計身近にありそうで…。背筋が凍る。しかしながら、劇場版を見る前に、原作もしくはビデオ版を見てからじゃないと、ただ怖いだけで、背景がさっぱり???なことになる可能性大です。(ちなみにはまは、友人から最初の事件の話を聞いてから観ました。)なので、観る前にビデオ版or原作チェックは必須です!
posted by はま。 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002年)

060810-30.jpg

◇監督:マーティン・スコセッシ
◇出演:レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアス、他

マーティン・スコセッシ監督の人柄が好きで、見てみました。
血で血を争うというか、ニューヨークの混沌とした過去を描いた作品。
移民とかそういう複雑なバックボーンがある国、アメリカ。
正直なところ、人種のるつぼアメリカに住んだことがない私たち日本人には、本当の意味でこの作品のメッセージを理解することはできないんじゃないかと思う。そんな風に感じた作品でした。
ジョニー役は、『E.T.』の主人公エリオット役。
そして、こっそりちょっぴり出ているスコセッシ監督も探してみてね!
posted by はま。 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『es[エス]』(2001年)

◇監督:オリバー・ヒルツェヴィゲル
◇出演:モーリッツ・プライプトライ、他

囚人役と看守役に分かれて、14日間暮らすという心理学的実験についての話。
暴力って力の暴力もあるけれども、それ以外にも直接力を加えない言葉や侮辱や
そういう暴力もあるって、改めて思い知らされた。
自分が同じ状況になったら…と考えると、看守役だったらきっと同じような行動をしていたと思う。
囚人役だったら、14日間耐えられるかどうか非常に疑問…。
こういう作品にありがちな結末だったけれども、研究者の人に見てもらいたい作品。
クローン人間とか最悪の結末が人間の手に負えないような事態になりかねないとわかりつつ、
研究者の探究に対するエゴで、研究を進めて、結局最悪な事態を招いてしまう…。
人がやらない領域に達しないと、すごい研究結果というのは生まれないけれども、
研究者には、ぜひ踏みとどまる勇気も持ってほしいと思ってしまった。
posted by はま。 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

060811-2.jpg

◇監督:クリス・コロンバス
◇出演:ダニエル・ラドクリフ、他

前作よりもアクションとかハラハラドキドキ感はかなりアップ。スピード感もあってジェットコースターに乗ってるような感じもあって。でも、ちょっとハリウッド的に大げさすぎる気もしちゃったり…。
主人公たちが声変わりしちゃったとか大きくなりすぎて…なんて声も聞かれるよねぇ。確かに3人とも大きくなって、前作の子どもっぽいかわいさが抜けて、声変わりもしてるけれども、私的にはたくましくかっこよく成長してていいと思うなぁ。ただ、前作を見た直後に、二作目を観に行っちゃうと違和感があるので要注意かな。
三作目、四作目を読むと、今後の作品は、もっとハラハラドキドキ、スリルも出てきそう。次回作の公開とともに、出演者の成長も楽しみな作品になりそう。
最後に、ダンブルドア校長役のリチャード・ハリス氏のご冥福を心からお祈りいたします…。
posted by はま。 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『命』(2002年)

060810-34.jpg

◇監督:篠原哲雄
◇出演:江角マキコ、豊川悦司、他

江角マキコの違う一面、豊川悦司の役者魂が表れていた作品。
人間誰しも直面する、生と死。「生きたい」という人がいる反面、「死」を望む人もいる。生きていくってことは、愛憎、生死、男女、いろんな思いや状況やとにかく相反するものが錯綜している。人それぞれ、抱えているものは違うし、楽しい時もあれば、つらくて死にたい時もある。けれども、どんな時でも今を生きている、自分の人生を生きているってことだけは忘れずにいたいなと思った。
posted by はま。 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『完全犯罪クラブ』(2002年)

060810-35.jpg

◇監督:バーベット・シュローダー
◇出演:サンドラ・ブロック、ライアン・ゴズリング、マイケル・ピット、他

主人公の二人がとにかくかっこいい。これから注目されること確実!マイケル・ピットは少し痩せれば、ディカプリオちっくになることうけあいだし。
ストーリーも単なる追う追われるってだけじゃなくて、追う側と追われる側の心理描写もできてたし、作品としてもなかなかおもしろかった。
サンドラ・ブロックの演技も、強さと弱さの両面を持つ複雑な心理を表現していて良かったよ。
posted by はま。 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『インソムニア』(2002年)

060810-37.jpg

◇監督:クリストファー・ノーラン
◇出演:アル・パチーノ、ロビン・ウイリアムズ、他

連続殺人の話なのかと思ったら、ちょっと違っていて、期待はずれだった…。
アル・パチーノとロビン・ウイリアムズの演技は良かったんだけれども、その良さを最大限には活かしきれていない気がした…。
ロビンには、いつもの人の良い役だけでなく、もっと怪奇殺人鬼な役をもう一回演じて欲しいな。
posted by はま。 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ウインドトーカーズ』(2002年)

060810-36.jpg

◇監督:ジョン・ウー
◇出演:ニコラス・ケイジ、クリスチャン・スレーター、他

第二次大戦中、アメリカ海軍の通信兵として従軍していた先住民ナバホ族と、彼らを護衛することになったアメリカ兵についての作品。
日本対アメリカ戦を題材にしているんだけれども、日本人でも嫌な気分を味わうことがあまりない仕上がり。
そんなことを気にするよりも、戦闘シーンの凄まじさに圧倒される。火薬の使い方とか凄まじさは、さすがジョン・ウーって感じ。
戦争モノ映画を見ていてふと思うのは、出てくるキャラクターが似ているってこと。気が弱くておびえてる人、反対に気が強くて差別的な意見を持っている人、心優しい人…。大体、固定キャラというか人物像が似ていてワンパターンだなぁと、この作品を見ていて強く思ってしまった。
それはさておき、クリスチャン・スレーター。なかなか良かった。すごく心優しい人で、戦地にいなかったら、きっとのんびり自然の中で暮らしているような…。一見、地味な気がするキャラをいい味出してて、今後彼がどんな作品でどんな役を演じるのか楽しみ。
posted by はま。 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『トータル・フィアーズ』(2002年)

060810-39.jpg

◇監督:フィル・アルデン・ロビンソン
◇出演:ベン・アフレック、モーガン・フリーマン、他
◇原作:トム・クランシー

ベン・アフレックが若くてやる気溢れるジャック・ライアンを演じているのが新鮮で良かった。モーガン・フリーマンもなかなか良い味出してたし。
ぎりぎりの心理戦というか米ロの緊張感がひしひしと伝わってきた。
でも、核爆弾が落ちた後の描写がイマイチ甘い気がした…。広島とか長崎のことを知っているからそう思うのかもしれないけれど、もっと想像を絶するほどすごいんちゃう?って思ってしまった。
posted by はま。 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アイスエイジ』(2002年)

060810-27.jpg

◇監督:クリス・ウェッジ
◇出演(声):レイ・ロマノ、ジョン・レグイザモ、他
◇アニメ

アニメなんだけど、登場するキャラクターたちの顔が怖い…。
なんていうか、劇団四季の『ライオンキング』チックな感じ。
そのキャラクターの怖さも見てるとだんだん慣れてきて、表情に味が出てくるから不思議。
ストーリーも笑いあり、涙あり、なかなか良くできてた。
でも、子連れで観に行くと、子どもが怖がって泣いちゃうかも…。汗。
posted by はま。 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『海辺の家』(2002年)

060810-28.jpg

◇監督:アーウィン・ウィンクラー
◇出演:ケビン・クライン、ヘイデン・クリステンセン、他

え?年齢設定16歳はちょっと厳しいんじゃ?と思ってしまったヘイデン・クリステンセン。
スターウォーズの印象が強すぎてどうかなぁ?と思っていたけれど、思春期の複雑な感情をきちんと演じていて、普通の若者っぷりが良かった。(そのために髪を黒く染めたらしいし)
作品自体は、どちらかというと若者よりも中年くらいの人が見たほうが共感できるかもしれない。結婚、子育て等々、いろんなことを経験した後に見ると、違った印象に感じて、しみじみ良い作品だぁと感じるんだろうなぁと。私が見るには、まだ年齢が若すぎたかな。10年、20年経った頃、また見たいなぁ。
posted by はま。 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。