2005年09月27日

『メン・イン・ブラック2』(2002年)

060810-29.jpg

◇監督:バリー・ソネンフェルド
◇出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、他

う〜ん。前作に比べるとラストの展開が物足りないかな。
でも、前作に出てたパグ君が、エージェントに昇進したから許す。
あと、マイケル・ジャクソンとマーサ・スチュワートも出演してるから要チェック!!ちらっとしか出てないから、見逃さないでね。
posted by はま。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『愛しのローズマリー』(2002年)

060811-46.jpg

◇監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー
◇出演:グウィネス・パルトロウ、ジャック・ブラック、他

女性を外見だけで判断していた男性が、ある日催眠術をかけられて、外見が美しくても心が汚かったら醜く、心が美しかったら美しく見えるという風に、価値観が変わってしまうというお話。
コメディタッチでなかなかおもしろいのに、見終わった後ちょっと考えさせられる。外見だけでなく、心も磨かなくちゃと思った。特に、外見がブサイクだから…と自信を持てない人に見て欲しい作品。
posted by はま。 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『モンスターズ・インク』(2001年)

060811-53.jpg

◇監督:ピート・ドクター
◇出演(声):ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル、他
◇アニメ

ピクサ−とディズニー合作作品。
CMでも流れていたけれども、子どもと一緒に見たい作品。
小さい頃って、暗闇とかドアの隙間とか結構怖かったりするけれども、その闇の向こうに、こんな世界があると思うと怖くなくなりそう。
見ていてちょっと気になったのは、日本を意識して作っているなぁってこと。それがちょっと私には鼻についたのが、残念。
posted by はま。 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『化粧師』(2002年)

060811-36.jpg

◇監督:田中光敏
◇出演:椎名桔平、管野美穂、池脇千鶴、他

芸達者な出演者で、飽きずに観ることができた。
でも、映画よりも連続ドラマにして、女性一人一人の話を1話ずつした方がいいかも。その方が何倍もおもしろかったと思う。終盤の秘密が明らかになるところとかも、映画だとすぐ前のシーンを振り返ることができるけれども、ドラマだとまた最初から見なくちゃって思わせることができるから、再放送とかも視聴率稼げると思うんだけどなぁ。そういう意味でとっても惜しい作品。
posted by はま。 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スパイ・ゲーム』(2001年)

060811-37.jpg

◇監督:トニー・スコット
◇出演:ロバート・レッドフォード、ブラッド・ピット、他

結構見ごたえある作品。救出劇というよりは、心理戦。
ロバート・レッドフォード演じるミュアーが、古巣CIAを出し抜いてどうやってブラピを救出するか、とってもスリルがあって面白かった。最後の最後まで相手の裏をかいてるあたりなんて、「さすがミュアー!だてに長くCIAだったわけじゃないね」って思えるよ。
それから、自分のすべてを投げうってブラピを助ける姿を見て、本当に大切な人を守りたい時は、今までの自分の価値観も将来も捨てて助けるものなんだって思った。
それに、レッドフォードとブラピの師弟関係を見て、人間同士って関わりあいながら、その人の良い所悪い所を吸収しあって、お互い向上しているんだって思った。私もいろんな人と知り合って、もっともっと強くなりたい。そして、大切な人を守ってあげられるような人になれたらいいな。
posted by はま。 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『シュレック』(2001年)

060811-38.jpg

◇監督:アンドリュー・アダムソン、ヴィッキー・ジェンソン
◇出演(声):マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス、他
◇アニメ

おとぎ話をたくさん読んだ人も読んでない人も、何も考えずにとにかく笑えて楽しめる作品。でも、おとぎ話を知っていると、あんなマイナーなお話の登場人物たちも出てる!ってより楽しめるかも。3匹の熊まで出てるとは思わなくて、びっくりしたもの。(題名忘れちゃったけど、女の子が熊の留守中にスープとか飲んじゃう話)
最後の意外な終わり方もいい意味で裏切られたし、深く考えなくていいから、疲れている時でも楽しく感じるんじゃないかな?
posted by はま。 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

060811-39.jpg

◇監督:クリス・コロンバス
◇出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、他

世界中で大ヒットの『ハリー・ポッター』一作目の映画版。J.K.ローリングの世界を忠実に守って製作しただけあって、原作のイメージを壊すことなく観ることができた。でも、あまりにもイメージどおりで、その枠をでなかったというのが感想。
ポッター、ハーマイオニー、ロン、この3人役を演じた子達が、今後どういう作品に出演するのか楽しみ。
二作目が来年の11月公開にむけて製作中とのこと。大体二作目はイマイチな仕上がりになることが多いので、その期待を裏切るようなおもしろい作品になることを期待したいな。
posted by はま。 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『陰陽師〜おんみょうじ〜』(2001年)

060811-42.jpg

◇監督:滝田洋二郎
◇出演:野村萬斎、伊藤英明、真田広之、他
◇原作:夢枕獏

さすが野村萬斎!身のこなしや着物の裾さばきが美しさと妖しさを兼ね備えていた。博雅のおとぼけぶりもおもしろかったし。
ただ、早良親王と青音のシーンでのCG演出が、個人的に気に入らなかった・・・。時代物な感じで作品をまとめてきたのに、あのCGで一気に冷めた・・・。もうちょっとシンプルなCG合成にしておけばよかったのに、あれでは作品のまとまりを崩してしまっている気がしてもったいない。
posted by はま。 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『メメント』(2001年)

◇監督:クリストファー・ノーラン
◇出演:ガイ・ピアーズ、他

公開より一足早く、先行上映で見ました。
主人公の記憶を、過去へとさかのぼっていくというストーリー展開。
見てるほうもしっかりと覚えておかないと、何がなんだかわからなくなってしまう作品でもある。
ただ、ラストの結末がなんとも「?」でわけがわからなかった。
あのラストの作り方だと、2とかがでそうな気がする・・・。
個人的には、1作品でちゃんと謎解きをしてくれるラストが良かったんだけどな・・・。
posted by はま。 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バトル・ロワイアル』(2000年)

060809-31.jpg

◇監督:深作欣二
◇出演:藤原竜也、前田亜季、北野武、他

原作を先に読んでしまっていたので、インパクトとしてはやや薄といったところ。
『〜七日間戦争』を思い出してしまったのは私だけだろうか?
凄惨なシーンの連続の中で、命の大切さや人を信じることの難しさなど、重要なテーマを扱っているだけに、主人公と同じ中学生が見れないのは残念としかいいようがない。
今の世の中、むしろ中学生が見るべき映画なのではないかと思った。
人を信じること、命の重みなどなど、私たちが忘れかけているものを、殺人ゲームという、「生と死」ギリギリの状態の中で描くことで、より切実でメッセージ性の高いものになっているように感じる。
原作は、生徒一人一人の心理描写や過去のトラウマまで描いていたけれど、映画版はその辺が手薄だった。
スタート時に全員の名前を呼ぶところをカットして、もっと精神的な部分を重点的に見せて欲しかったなぁと思う。
いろんな意味で考えさせられる作品だけに、ちょっと残念だった。
posted by はま。 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ストーリー・オブ・ラブ』(1999年)

060809-29.jpg

◇監督:ロブ・ライナー
◇出演:ブルース・ウィリス、ミシェル・ファイファー、他

結婚生活って何なんだろうなぁ、愛情って何なんだろうなぁって見つめ直すきっかけになる映画。夫婦で見て欲しいな。
posted by はま。 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『メリーに首ったけ』(1998年)

◇監督:ボビー・ファレリー
◇出演:キャメロン・ディアス、他

ちょっとエッチだけど、笑えるコメディだったよ。
posted by はま。 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ノッティングヒルの恋人』(1999年)

◇監督:ロジャー・ミッシェル
◇出演:ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント、他

試写会で観た映画。
恋するせつなさ、あの胸がキュンキュンなる感じを思い出させてくれるお話だった。
posted by はま。 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『戦火の勇気』(1996年)

◇監督:エドワード・ズウィック
◇出演:メグ・ライアン、マット・ディモン、他

かわいい役ばかりだったメグ・ライアンが、兵士役にチャレンジした作品。
posted by はま。 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フェイク』(1997年)

060809-26.jpg

◇監督:マイク・ニューウェル
◇出演:アル・パチーノ、ジョニー・デップ、他

マフィアへの潜入捜査の話。パチーノの演技がせつなくさせる。さすが名優って感じです。
posted by はま。 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『シザー・ハンズ』(1990年)

◇監督:ティム・バートン
◇出演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー、他

ジョニー・デップのせつない演技が泣かせます。
posted by はま。 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バードケージ』(1996年)

◇監督:マイク・ニコルズ
◇出演:ロビン・ウイリアムス、他

ゲイ・カップルの息子がお堅い家の娘と結婚するっていうお話。ドタバタぶりがおもしろいよ。
posted by はま。 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スワロウ・テイル』(1996年)

060809-6.jpg

◇監督:岩井俊二
◇出演:三上博史、Chara、伊藤歩、渡部篤郎、他

この作品で渡部篤郎のファンになった。
ちょっとしか映らないチョイ役にも意外な有名人が出てるから注意して観てみて!
posted by はま。 at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『恋する惑星』(1994年)

060809-17.jpg

◇監督:ウォン・カーウァイ
◇出演:金城武、フェイ・ウォン、トニー・レオン、他

この映画を観て、金城武のファンになったんだよねぇ。歌姫フェイ・ウォンもキュートだよ。
posted by はま。 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マスク』(1994年)

◇監督:チャールズ・ラッセル
◇出演:ジム・キャリー、キャメロン・ディアス、他

ジム・キャリー出演のコメディ。あの黄緑色の顔は忘れたくても忘れられない(笑)。
posted by はま。 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。