2007年09月28日

『劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』(2006年)

◇監督:石田秀範
◇出演:水嶋ヒロ、佐藤祐基、他

水嶋ヒロ見たさに、テレビ版をすっ飛ばして劇場版DVDを見てみました。
ストーリーは、テレビ版を見ていなくても完結できる組み立てでしたが…仮面ライダーがたくさんいる!!ワームってなんだ???と、話についていくのがせいいっぱい。
やっと登場人物とか舞台設定を理解し始めたところで終了…と相成りました…。汗。
なので、テレビ版を見てから劇場版を見ることを強くお勧めします!

それから…ほとんどのライダーがかっこいい系だったのに、ラスボスのゴールドライダーの人選がちょっと納得いかなかったり。
戦う本職だからアクションはすごいのかもしれないけれど、アクションがあまりなく、セリフ棒読みが目立ちまくり…。
セリフをかっこよくキメられる人に演じて欲しかったです。
posted by はま。 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』(2005年)

070926-1.jpg

◇監督:アンドリュー・アダムソン
◇出演:ウィリアム・モーズリー、ティルダ・スウィントン、他

有名なファンタジー小説を映画化した作品。
指輪物語と比べると、主人公の4兄弟が人間だからかイマイチお話の世界に浸れない感あり…。

そんな中でも、タムナスさんはかわいかった♪
本当にいるなら会ってみたいもんです。笑。
続編も製作しているらしいのですが…見るかどうかはビミョー。
ちなみに第2章カスピアン王子の角笛は、2008年6月公開だそうです。

posted by はま。 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

『Life on the Longboard』(2005年)

◇監督:喜多一郎
◇出演:大杉漣、小栗旬、他

定年を迎えたおじさんが、サーフィンを始めるというお話。
ダメオヤジからかっこいいオヤジまで、中年男性を演じさせたら、やっぱり大杉漣が一番!
大杉漣がたくさん練習したというサーフィン姿と、ロンゲ大杉漣の姿は要チェック。笑。
posted by はま。 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

『隣人13号』(2004年)

◇監督:井上靖雄
◇出演:中村獅童、小栗旬、他

公開時、観たかったんだけど、ちょうどごん太出産と絡んでいて見れず…。
DVDレンタルしてやっと観れました。

ストーリーは、いじめられっ子が大きくなって、いじめっ子に復讐するって話なのだけれど…。
普通の復讐劇ではなく、いじめとの闘い、主人公に巣食う凶暴な人格13号との内面的な闘いが絡み合ってます。

冒頭シーンからかなりバイオレンスな映像で…正直ヤバイです…。
しかも、いじめという身近な事柄が題材なので、リアルでも起きそうで違った意味での恐怖も味わえます…。
この作品を観たら、あまりの怖さにいじめがなくなるんじゃないかってくらいリアルな怖さ。
刺激が強すぎるっていう意見もあるけれど、はま。的にはいじめっ子にもいじめられている子にも観てほしい。
この作品を観たら、いやでもいじめについて考えないではいられないと思う。


posted by はま。 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

『陽気なギャングが地球を回す』(2006年)

◇監督:前田哲
◇出演:大沢たかお、鈴木京香、他

松田翔太出演作ということで、レンタルDVDで観ました。
短編を見ているみたいに、場面展開がパパッと切り替わって、テンポ良く飽きずに最後まで楽しめました。
衣裳や背景の色使いといい、ところどころに散りばめたスローモーションの使い方といい、おしゃれで斬新な仕上がり。
でも、話の中身としては…。汗。
娯楽作品って感じで、さらっと観るにはいいかも。
posted by はま。 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

『ボンボン』(2007年)

0705010-2.jpg

◇監督:カルロス・ソリン
◇出演:フアン・ビジェガス、グレゴリオ(犬)、他

世界一ついてないおじさんが、一匹の犬をもらったあたりから良いことが続いて…という、アルゼンチンの映画。
主人公のおじさん(フアン・ビジェガス)は、なんと本名が役名。
普段は、監督の事務所近くのガソリンスタンドで働いているそうな。

団塊世代のおじさんたちは結構笑いのツボにはまったらしく、大爆笑するシーンもあったけれど、はま。的にはイマイチピンと来ず…。


posted by はま。 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

『HAVEN 堕ちた楽園』(2006年)

061017-1.jpg

◇監督:フランク・E・フラワーズ
◇出演:オーランド・ブルーム、他

島の青年と有力者の娘の恋愛模様、脱税などなど、3つの話が交錯するストーリー展開。
最後は救いがないというか…でも、ハッピーエンドが多い中、このラストは逆に現実味があって重く感じました。
登場人物たちがその後どんな人生を歩んだのか非常に気になるところです。

ところで、公開2日目の日曜14時に観に行きましたが…観客ははま。を含め6人。
非常に興行成績悪そうです…。汗。
でも、この作品のパンフは変わっていておもしろい!
061017-2.jpg
普通は冊子状なのですが…ご覧の通り↑↑バラバラ。
オーランド・ブルームファンにはうれしい限り♪
保存用と飾り用と二冊買って、額に入れて壁に飾ったり…はたまたファイルに挟んで学校や職場へ持ち歩き…なんてのもいいかも。
posted by はま。 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

『あずみ』(2003年)

◇監督:北村龍平
◇出演:上戸彩、小栗旬、他

テレビ放映で何度か観たけれど…感想まだでした。汗。
小山ゆうのマンガを原作としたアクション時代劇。

最初から最後まで血しぶき飛びまくり。
上戸彩の身のこなしはとってもかっこいい!
それに、オダギリジョーの演技もキレ過ぎ。笑。
けれど、大切な仲間の死&別れ、斬りたくても斬れないジレンマ、せつない恋心etc…、登場人物たちの気持ちを考えると、あまりにもやりきれなくて悲しいストーリー。

続編として「あずみ2」あり。
でも…「あずみ」は何度もテレビでやってる気がするけど「あずみ2」はテレビで1回くらいしかやってないような…?
来週とか放映しないかしら。
posted by はま。 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)

060811-11.jpg

◇監督:ティム・バートン
◇出演:ジョニー・デップ、他

原作は読んでいないので、原作の雰囲気はわからないけれど、賛否両論わかれる作品だと思う。ブラックユーモアが大好きな人には大ウケ。(隣の席の方は、最初から最後まで大声で笑っていたので)はま。的には、ブラックユーモアがきつすぎてイマイチでした。
でも、チョコレートの滝やチャーリーの家、工場内部などなど、丁寧に細かく作りこんであって、セットや衣装などなど、お話の世界に浸る見せ方&楽しませ方はさすがティム・バートン!
本当に大切なモノ、子供ならではの視点を改めて見つめ直す良いきっかけになると思うので、ぜひとも子育て中の親に見てもらいたい作品でした。
posted by はま。 at 17:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『デアデビル』(2003年)

◇監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
◇出演:ベン・アフレック、コリン・ファレル、他

映画館放映時に見ようかどうしようか迷って結局見そびれた作品。
wowowで放映されるということで、見てみました。
昼間は盲目の弁護士、夜は独特のコスチュームに身を包んで悪を倒すヒーローという、
マーベリック作品おなじみの設定内容。
自分は悪人なのか苦悩しながらも戦い続ける主人公。
どうしても、スパイダーマンと比べてしまうと見劣り&話の展開が読めてしまうので、
マーベリック作品好きな人以外は途中で飽きちゃうかも…。
posted by はま。 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『シルミド』(2004年)

◇監督:カン・ウソク
◇出演:ソル・ギョング、他

韓国で実際にあった話を映画化した作品。
金日成暗殺のために、重罪者を集めた特殊部隊を作ったものの、
国の方針が変わり、部隊は抹殺される方向に…というストーリー。
私は朝鮮半島の時代背景について詳しくないので、
理解に苦しむところもあったけれど、
登場人物たちの心の動きや葛藤がよく描かれていると思う。
せっかく築き上げてきたものを壊さなくてはいけない理不尽さ、
死という選択肢しか残されていない中での人間の精神力というかすさまじさ、
今の日本に欠けているものが描かれている気がした作品でした。
posted by はま。 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

◇監督:アルフォンソ・キュアロン
◇出演:ダニエル・ラドクリフ、他

ハリー・ポッターシリーズの3作目。
前2作品と監督が変わってしまったので、どうかなぁと思いつつ見ました。
原作のボリュームが増えていることもあって、
細かい説明部分がかなり端折られていて、原作を読んでいないと、
何がなにやらわからぬまま終わってしまう感じでした。
posted by はま。 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『エレファント』(2004年)

060810-9.jpg

◇監督:ガス・ヴァン・サント
◇出演:ジョン・ロビンソン、他

オレゴン州ポートランド郊外にある、とある高校での話。いつもと変わらない一日になるはずが…。
いじめ、コンプレックス、拒食症、家族の問題などなど、登場人物それぞれが複雑な悩みを抱えつつも、自分なりに生きていて、毎日を送っていたのに、それが突然予期せぬ出来事で終わりを迎える…。
正直なところ、ラストシーンが「…え?これで終わり?」って感じで、イマイチすっきりしないけれど、見終わった後の残渣というかすっきりしないもやもやな感じが現代の若者を象徴しているのかなと思う。
近頃、死ぬこと、殺すことが、リアルとして実感できないのでは?と思うような事件がおきているけれど、まさにこの作品がそれを如実にあらわしているような気がする。
私も含めて、今の世の中、自分に起きている悩みや問題でいっぱいいっぱいで、他の人が抱えている苦悩や痛みを感じる余裕が失われてきているのかなと思う。
もう少し、周りを見渡す心の余裕が欲しいと、つくづく考えさせられた。
posted by はま。 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブラザー・ベア』(2004年)

◇監督:アーロン・ブレイズ、ボブ・ウォーカー
◇出演(声):ホアキン・フェニックス、ジェレミー・スアレス、他 
◇アニメ

とある理由でクマに姿を変えられた人間と、母熊とはぐれた小熊。
この二匹の心の触れ合いと成長のお話。
兄弟愛、親子愛などなど、「愛」をテーマにしてはいるものの、
イマイチ説得力というかグッとくるものが欠けていたような気がする…。
コーダ(小熊)とか動物キャラは、はめちゃくちゃ愛嬌があってかわいいんだけど、
ディズニー映画特有の人間キャラの顔の怖さには、やっぱりちょっとなじめなかったかな。
posted by はま。 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ドックヴィル』(2004年)

◇監督:ラース・フォン・トリアー
◇出演:ニコール・キッドマン、他

最初の数十分で、会場中に飽き飽きムードが漂ってしまった作品…。
山あいの小さな村に、ギャングに追われている女性が逃げてきて…というお話。
章仕立ての構成や、黒い床にチョークで線を引いただけのスタジオでの撮影、
住民の残虐性を浮かび上がらせようという試みで、演出法としては斬新なんだけど、
何がいけないのか、すぐ飽きちゃうんだよね…。
話が進めば進むほど、下北沢あたりの小劇場で行われている演劇を思い起こさせて、
映画よりも舞台向きの内容なのかしら?と思ってしまった。
私が監督だったら、黒い床のシーンに、
ところどころリアルな景色やセットを散りばめて、撮影するのになぁなんて思った。
posted by はま。 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ミスティック・リバー』(2004年)

060810-18.jpg

◇監督:クリント・イーストウッド
◇出演:ショーン・ペン、ケビン・ベーコン、他

ショーン・ペン、ケビン・ベーコン、ティム・ロビンスの3人が共演ということで、楽しみにしていた作品だったのですが、期待しすぎたのか、ちょっとがっかり…。
3人の演技は良かったんだけど、ストーリー展開が予想通りだし、なんか結末もすっきりしないというか、理不尽な感じがしてしまって、なんだかなぁという感じでした…。
posted by はま。 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マトリックス・レボリューションズ』(2003年)

◇監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
◇出演:キアヌ・リーブス、他

とりあえず、戦闘シーンとかCGとかは見ごたえあるものの、
ん〜なんともすっきりしない終わり方っていうか、
戦いは終わったけど、また続編作ろうと思えば作れそうな最後だし、
なんとも言いがたい作品でした…。
posted by はま。 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ティアーズ・オブ・ザ・サン』(2003年)

◇監督:アントワーン・フークア
◇出演:ブルース・ウィリス、モニカ・ベルッチ、他

内戦下のナイジェリアを舞台にした、米軍特殊部隊の女医&難民救出劇。
「ん?アメリカだけいい人なの?」って考えが頭をよぎるのは置いておいて、
他民族国家の複雑な背景とか、一線を越えた人間の残虐性とかの暗い部分と、 自分の命と引き換えになるかもしれないけれど、
純粋に生命を守りたいっていう思いが交錯して、考えさせられる部分が多々ある作品。
見終わって思ったのは、上層部がもっと早く手助けしていれば、
犠牲者出ることなかったのになぁということかな。
現場と上層部の危機感のずれって、会社でも軍でも政界でもどこでも起きることだけれど、
もう少しなんとかならないのかなぁと思ってしまう今日この頃。
posted by はま。 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フォーンブース』(2003年)

◇監督:ジョエル・シューマカー
◇出演:コリン・ファレル、他

舞台はニューヨーク。街角の電話ボックスに見知らぬ人から電話がかかってきて、
電話を切ると殺される…という状況におかれた主人公。
さてはて、主人公は生きて電話ボックスから出られるのか?というお話。
ほとんどのシーンが電話ボックス周辺だけで撮影されているけれど、
カメラの視点を変えることで、単調にならないようにうまく撮影されているなぁと思う。
ストーリーも途中までは、この先どうなる?どうなる?って、
先が読めなくて良かったんだけど、結末がちょっと…。
あらら…こういう結末にしちゃったのねって感じでした…。
posted by はま。 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『トレジャー・プラネット』(2003年)

◇監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
◇出演(声):ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブライアン・マーレイ、他
◇アニメ

小説「宝島」のディズニーアニメバージョン。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』を観た後に観ちゃうと、ちょっと迫力とおもしろさにかけてしまうのが残念。
話の展開も予想通りに進んでいくので、良い意味で期待を裏切ることもないし…。
モーフのかわいさがせめてもの救いかな…。
posted by はま。 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。