2005年09月27日

『ターミネーター3』(2003年)

◇監督:ジョナサン・モストウ
◇出演:アーノルド・シュワルツネッガー、他

毎度おなじみ『ターミネーター』シリーズの3作目。
前2作品見てないので、イマイチ話のつながりがわかってなかったり…。
アクションビシバシのイメージの作品だったんだけど、
この作品見たら、あまりの大げさぶりについ笑いが…。
「そんなに町壊さんでも〜。」とかつい突っ込みをいれてしもた。
『マトリクス』見ても同じこと感じたんだけど、ストーリーがあんまりなくて、
長〜いアクションシーンばっかりで、
次回作へのつなぎとしての作品づくりとしか思えない仕上がり…。
シュワちゃんが州知事に当選しちゃったら、次はどうするんだろ…。
posted by はま。 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アバウト・シュミット』(2003年)

060810-26.jpg

◇監督:アレクサンダー・ペイン
◇出演:ジャック・ニコルソン、他

定年退職したシュミットさんのお話。
今まで仕事一筋で生きてきて、定年退職して気づいたらなんだかひとりぼっち。
誰からも頼りにされず、役に立ってる実感が持てない人や、定年退職した人に見てもらいたい作品かな。
ずっと淋しい雰囲気で話が進んでいくんだけど、最後の最後でやっと自分を思ってくれている人がいるんだってことに涙する。
自分の人生のありかたを改めて考えさせられる映画でした。
posted by はま。 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『X-MEN』(2001年)

◇監督:ブライアン・シンガー
◇出演:ヒュー・ジャックマン、他

『X-MEN2』を見ちゃった後、どうしても前が気になったので見たもののやっぱり2のほうがおもしろかった…。
(2の方がキャラ設定も作りこんであるのは、続編だからしょうがないけどね。汗)
まだ2を見てない人は、1から順番に見ることをおすすめです。
posted by はま。 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『猫の恩返し』(2002年)

060810-40.jpg

◇監督:森田宏幸
◇出演(声):池脇千鶴、袴田吉彦、他
◇アニメ

バロンなかなかかっこよかったよ。でも、どっちかというとムタのキャラの方がいい味出てたけど。
宮崎監督作品と比べちゃうとイマイチ感があるけれども、池脇千鶴とか濱田マリとか声に特徴がある人が声優って点は、なかなか良かったと思う。
posted by はま。 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『模倣犯』(2002年)

060811-47.jpg

◇監督:森田芳光
◇出演:中居正広、山崎努、他

宮部みゆき原作を映画化した作品。原作自体がかなりのボリューム、登場人物もたくさん、緻密な描写だったので、原作を読んでから見ると、原作と違う部分がたくさんあるので、原作ファンの人はがっかりするかも…。(個人的に、原作が好きだったのでがっかりしたよ…。)原作を読んでいない人、原作と映画を別物と考える人なら結構楽しめるかもしれない。
ちょい役で、パフィーとか爆笑問題とかが出演しているので、目を凝らして探してみてね。
posted by はま。 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『冷静と情熱のあいだ』(2001年)

060811-40.jpg

◇監督:中江功
◇出演:竹野内豊、ケリー・チャン、椎名桔平、他
◇原作:辻仁成、江國香織

辻仁成が順正の気持ちを、江國香織があおいの気持ちを、別々に小説に綴った作品の映画化。原作がなかなかおもしろかったのと、竹野内豊が主演ということで、待ちに待った期待の作品。
ケリー・チャンが、お化粧のせいか疲れのためか、なんだかちょっとブサイクに映っていたのが残念だけど、脇役が結構芸達者な人が揃っていたので、作品としてはそれなりに楽しめた。
自分の居場所を探してるあおいの気持ちが痛いほどよくわかって、電話ボックスのシーンとかでホロリと泣けた。淋しさを埋めるために、二番目に好きな人と一緒になっても、結局、自分の心は一番好きな人に置いてきたままで…。一番好きって言える人の隣にいられるように、目の前の人が一番好きな人だって言えるような恋愛しなくちゃだめだよね。
離れ離れになっても、10年間相手を想い続けて、ささいな口約束でもちゃんと覚えていられるような、そんなロマンチックな恋愛してみたいなぁ。
posted by はま。 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マン・オン・ザ・ムーン』(2000年)

060811-34.jpg

◇監督:ミロシュ・フォアマン
◇出演:ジム・キャリー、ダニー・デビート、他

観た後の感想としては、なんだかよくわからんって感じでした。
最初の方から???と思いつつ観てて、後半ちょっとグッっときたので最後は涙か?と思いきや、最後の最後でやっぱり拍子抜け。
アンディ・カフマンを知ってる人には楽しめるかもしれないけど、私は知らないからなぁ。知らない人でも楽しめるように、コメディ部分よりも実生活部分をもっとクローズアップして描いて欲しかったなぁ。きっと舞台裏では、笑いを生み出す苦しみとかあった人だと思うんだよね。そういう意味では、脚本で損してて、ちょっともったいないかな。
posted by はま。 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『サイダーハウス・ルール』(2000年)

060811-35.jpg

◇監督:ラッセ・ハルストレム
◇出演:トビー・マグワイア、他

映画館で予告編を観て、「おっ!よさげ。」って思ったんだけど、アカデミー賞2部門受賞って割には、ちょっと期待はずれだったかな。きっと原作は作りこんでて、すっごく良い出来なんだと思うんだけど、時間内に収めようとして、詰め込みすぎたって感じかな。
自分の居場所探しとか生きてる上でのルールとか、訴えかける内容はすごく良かったので、惜しいなって思う。なかなか自分の居場所って見つからないけど、この映画を観ると私にもいつかきっと自分の居場所が見つかるんだろうなぁって思えるよ。
posted by はま。 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『催眠』(1999年)

060809-28.jpg

◇監督:落合正幸
◇出演:稲垣吾郎、菅野美穂、宇津井健、他

菅野美穂の演技が怖い&うまい。しばらく金属音にびびった…。
posted by はま。 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『不夜城』(1998年)

060811-28.jpg

◇監督:李志毅
◇出演:金城武、山本未来、椎名桔平、他
◇原作:馳星周

金城武がかっこいい!それに、椎名桔平もいい味出してる。
でも、登場人物が多いのに展開が早くて、話がわかりにくい。原作を読んでから観た方がいい。
日本と香港の合作。
posted by はま。 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フィフス・エレメント』(1997年)

060809-24.jpg

◇監督:リュック・ベッソン
◇出演:ブルース・ウィリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、他

ゴルチエの衣装がおもしろかった。ゲーリー・オールドマンの髪型も笑えた。
posted by はま。 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブエノス・アイレス』(1997年)

060809-23.jpg

◇監督:ウォン・カーウァイ
◇出演:トニー・レオン、レスリー・チャン、他

第50回カンヌ国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した作品。
レスリー・チャンがなさけない役だったような気が…。
posted by はま。 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ロミオ&ジュリエット』(1996年)

◇監督:バズ・ラーマン
◇出演:レオナルド・ディカプリオ、他

現代版ロミオとジュリエット。ディカプリオのかっこよさが目立つかな。
それぐらいしか印象がない。
posted by はま。 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『MISTY』(1997年)

060809-14.jpg

◇監督:三枝健起
◇出演:天海裕希、金城武、豊川悦司

屋久島の風景が美しかった。この映画を観て屋久島に行ってみたいって思うようになった。
posted by はま。 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『世界の涯てに』(1996年)

060809-7.jpg

◇監督:李志毅
◇出演:金城武、ケリー・チャン、他

金城武&ケリー・チャンの貴重なデュエットシーンが!
でも、ストーリーはう〜ん?って感じでした。
posted by はま。 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マーズ・アタック!』(1996年)

060809-22.jpg

◇監督:ティム・バートン
◇出演:ピアース・ブロスナン、ナタリー・ポートマン、他

おいおいおいって感じの映画。とにかく端役にいろんな有名人が登場。
あの有名な俳優さん、こんな早く死んじゃっていいの?って思わず思った。

posted by はま。 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パラサイト・イブ』(1996年)

◇監督:落合正幸
◇出演:三上博史、葉月里緒菜、他

これも先に原作を読んでから観たので、イマイチだった。
posted by はま。 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『耳をすませば』(1995年)

◇監督:近藤喜文
◇脚本:宮崎駿
◇出演(声):本名陽子、高橋一生、他
◇アニメ

この作品、はまにとってはちょっと思い出深い。
あの頃、ちょうど胸がキュンとなるような恋してたんだ。
胸がキュンとするような恋愛してる人、恋愛初心者に観て欲しい映画です。
posted by はま。 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『おもひでぽろぽろ』(1991年)

◇監督:高畑勲
◇出演(声):今井美樹、柳葉敏郎、他
◇アニメ

これもあんまり内容覚えてないんだよねぇ。確か今井美樹と柳葉敏郎が声優していたはず。
posted by はま。 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アラジン』(1992年)

◇監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
◇出演(声):スコット・ウェインガー、リンダ・ラーキン、他
◇アニメ

結構前のディズニーアニメなんですが、イクスピアリオープン特別上映会で観てきました。
日本語吹き替え版のアラジンの声って、羽賀研二だったなんてねぇ。
最後の字幕スーパーで「ありゃまぁ。そうだったのね。」って思った。
誰もがうらやむお姫様だって、みんな誰でもどんな人でも
必ず悩みを持ってるものなんだってことと、
人間一生懸命がんばれば、魔法のランプがなくたって、夢はかなうってことを学べるアニメ。
posted by はま。 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。