2006年11月22日

『ゆれる』(2006年)

061122-1.jpg

◇監督:西川美和
◇出演:オダギリジョー、香川照之、他

最初の頃のオダギリジョーの衣装とか乗っている車、BGMとかがかっこよかったので期待して観ていたんだけど…観た後がなんだかイマイチすっきりとしない作品でした。
でも、オダギリジョー&香川照之ファンには、たっぷりと2人の演技が楽しめるのでお勧めです。

猛と稔の今までの人生、これからの生き方、人は変わることが出来るのか…。
自分の人生の照らし合わせて考えさせられました。

この映画のパンフ、中にオダギリジョーをはじめとする出演者やロケ地の風景などのポストカードが入っていました。
061122-2.jpg061122-3.jpg
posted by はま。 at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

『陰陽師2』(2003年)

◇監督:滝田洋二郎
◇出演:野村萬斉、伊藤英明、他

劇場公開の時は、イマイチそうだったので見に行かなかったのですが、
テレビで放映するということで見てみました。
感想は…、前作よりなんだかスケールダウンという印象が否めないかな。
野村萬斉さんが好きな人にはいいんだろうけれど、
舞の部分とか時間の引き伸ばしにしか思えなかった…。
posted by はま。 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『21グラム』(2004年)

◇監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
◇出演:ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ、他

死ぬ時に誰もが21グラム軽くなる。そんな命の重さを題材にした作品。
病気や事故で失われる命がある一方で、新しい命の息吹が芽生えたり…。
輪廻転生というか、生命って受け継がれていくんだなぁと、見終わった後、ふと思った。
21グラムって、すごく軽いし、生命の重さ=21グラムって聞くと、案外軽いのねって思ってしまう。
それに、人間は意外に残酷なもので、自分に関係のない人の命だと、余計に軽く感じる気がする。
でも、自分の大切な人の命の重さは、たった21グラムだったとしても、
その命が失われた時に感じる重さは、一人じゃ持ちきれないくらい重くて、
かけがえのない重さなんだって、失ってはじめて気がつくんだろうなと思う。
posted by はま。 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ドラゴンヘッド』(2003年)

060810-2.jpg

◇監督:飯田譲治
◇出演:妻夫木聡、SAYAKA、他

ヤングマガジンKCに連載されていた同名漫画の映画版。
最近、人間の狂気や凶暴性、世界の終末を描いた作品が多いけど、この作品の結末はイマイチ説得力に欠けるというか、いろんなことが起こるわりに、最後まとまりつかないからこれでいいや的な終わり方に思えて仕方がない…。
いいかげん普通の人間ならそろそろ死ぬんじゃってとこでも主人公死なないし…。
それよりも何よりも、SAYAKA配役失敗じゃ?って感じが否めない。
キーキー声でセリフ聞き取りにくいし、演技もう〜んって思ってしまう。
でも、原作はおもしろそうなので、本屋で探して読んでみたいって思った。
posted by はま。 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『コンフェッション』(2003年)

060810-3.jpg

◇監督:ジョージ・クルーニー
◇出演:サム・ロックウェル、ドリュー・バリモア、他

TVプロデューサーとCIAの殺し屋という二重生活を送っていたチャック・バリスっていう人の自叙伝映画。
映画見た後気づいたんだけど、ジョージ・クルーニー初監督作品らしい…。
ネタ的にはおもしろいと思うんだけど、いかんせん途中で飽きちゃって、殺し屋になる前に、だらけムード突入でした…。
もう少し、飽きないような見せ方の工夫が欲しかったなぁ。
posted by はま。 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バトル・ロワイアル2』(2003年)

060811-21.jpg

◇監督:深作欣二、深作健太
◇出演:藤原竜也、前田愛、他

『バトル・ロワイアル』の続編。監督が製作半ばでお亡くなりになったため、その後は息子が監督をつとめた作品。深作監督が生きていたら最後の仕上げまで完璧だったんじゃなかろうかと思ってしまう出来上がりでした…。
最後の竹内力のシーンにしても、ラストシーンにしても、なんか前作の仕上がりに比べて、納得いかないところが盛りだくさん…。しかもさらに続編作れそうな終わり方だし…。どうもすっきりしないなぁ。
posted by はま。 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マトリックス・リローデッド』(2003年)

◇監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
◇出演:キアヌ・リーブス、他

『マトリックス』が結構おもしろかったので、期待してたんだけど…。正直つまんなかった。
『マトリックス・レボリューション』へのつなぎのため&興行収益とりたいだけに作ったとしか思えない作品でした…。
無駄なシーンが多くて、飽きちゃったし。ラブシーン入れる必要あるのか???ってところで入ってたり。
無駄なところカットして、レボリューションとまとめて、1作品にしたほうがよかったんじゃないかと思う。
それにミョーに日本を意識しすぎなとこも気になる。重要人物、日本人使う意味あるの?って感じ。
(笑えたからいいんだけども…。)
話の設定はおもしろいのに、すんごく損してると思う…。
posted by はま。 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ギブリーズ エピソード2』(2002年)

◇監督:百瀬義行
◇出演(声):西村雅彦、鈴木京香、他
◇アニメ

これは一体なんなのよ?って感じ。
『猫の恩返し』の前に上映されてるんだけれども、本編見る前に見る気喪失された…。
ピクサーの短編はオチもあって、本編見る前のわくわく感を高めるのに一役買ってたけれど、
逆に観客が引くような作品なんだもんなぁ。
ネタも身内ネタだから、観客にはさっぱりわからないし、ちっともおもしろくない。
まさに自己中で最悪な作品としかいいようがない…。
テストっていうかお試し作品を観客に見せるなんて、エンターティナーとして失格だね…。
posted by はま。 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パニック・ルーム』(2002年)

060811-49.jpg

◇監督:デビット・フィンチャー
◇出演:ジョディ・フォスター、他

ジョディ・フォスター、『ハンニバル』に出た方がよかったのになぁと思わず思ってしまう作品。『ハンニバル』を蹴ってまで、出演したかった理由が???でした。
最後、逃がしてあげれば良かったのになぁと思っちゃったりもして。
posted by はま。 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ステイト・オブ・ドッグス』(1998年)

060811-55.jpg

◇監督:ピーター・ブロッセン、ドルカディン・ターマン

モンゴルでは犬は死ぬと、人間に生まれ変わるという言い伝えがあるらしい。そして、人間に生まれ変わりたくないと考えている野良犬の物語。
雑誌に犬好きにはたまらない作品と書いてあったが、正直私にとっては犬好きには薦めたくない映画。人間の残虐さとか身勝手さに振り回されて、命を落としていく犬たち…。あまりにも生々しくて、吐き気がするほどだった。
環境は汚染するわ、自分たちの都合だけで他の命を無残にも奪うわ、確かに人間には生まれ変わりたくないと思った。
posted by はま。 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『初恋』(1998年)

060809-27.jpg

◇監督:エリック・コット
◇出演:金城武、カレン・モク、他

ウォン・カーウァイがプロデュースした作品。
何じゃこりゃ?って感じ。見て損した…。
posted by はま。 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『白雪姫』(1994年)

◇監督:デヴィッド・ハンド
◇出演(声):ハリー・ストックウェル、他
◇アニメ

デジタル・バージョンを試写会で観た。話は、あの白雪姫です。
posted by はま。 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『スクリーム』(1997年)

◇監督:ウェス・クレイヴン
◇出演:ドリュー・バリモア

もっと怖いと思ってたんだけどなぁ。予想よりは、怖くなかった。
それに続編にも同じ主人公が出てるの知ってるから、
主人公は殺されないってわかっちゃってたし。
もっと徹底的に怖くしてほしかったなぁ(怖いのイヤだけど…)。
posted by はま。 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ザ・チェイス』(1994年)

◇監督:アダム・リフキン
◇出演:チャーリー・シーン、他

う〜ん、イマイチだったとしか言いようがないなぁ。
posted by はま。 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『蜘蛛女』(1994年)

060809-18.jpg

◇監督:ピーター・メダック
◇出演:レナ・オリン、ゲイリー・オールドマン、ジュリエット・ルイス、他

・・・。う〜ん。正直つまらなかった。
posted by はま。 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『キング・オブ・ハーレー』(1993年)

060809-12.jpg

◇監督:ラリー・ファーガソン
◇出演:チャーリー・シーン、マイケル・マドセン、他

ハーレーのかっこよさはわかったけど、ストーリーはちょっと…。
posted by はま。 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ホット・ショット2』(1993年)

060809-11.jpg

◇監督:ジム・エイブラハムズ
◇出演:チャーリー・シーン、バレリア・ゴルノ、他

1作目がおもしろかっただけに、ちょっと期待はずれ。イマイチだった。
posted by はま。 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ぼくらの七日間戦争2』(1991年)

060809-1.jpg

◇監督:山崎博子
◇原作:宗田理
◇出演:渋谷琴乃、佐野史郎、他

前作と比べるとちょっと話のスケールが大きすぎて、イマイチに感じた。
posted by はま。 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ネバー・エンディング・ストーリー第2章』(1990年)

◇監督:ジョージ・ミラー
◇出演:ジョナサン・ブランディス

観る前に原作(ミヒャエル・エンデ著)読んじゃったので、つまんなかった…。失敗、失敗。
posted by はま。 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』(1989年)

◇監督:ロバート・ゼメキス
◇出演:マイケル・J・フォックス、他

これも原作読んでから観ちゃった映画。前作が結構おもしろかっただけに、期待しすぎたかな…。
posted by はま。 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ★の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。